読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

今日も いろいろ 考え中

40代4児の母の堂々巡りの考え事を、なんとなく書いとくブログです。

PTAと町内会のこと

PTA、町内会。今どきの嫌われ者ばかりですね。イヤなことはたくさん語られますが、イイ面が語られないとブコメで見かけたので、ちょっと書いてみます。

私は高校生ひとり、中学生ひとり、小学生ふたりの4人の子がいます。第1子が小学校に入学したとき私は戦々恐々でした。PTA、いったい何をさせられるのだろうと。下の子は保育所に預けてのフルタイム勤務。絶対無理!

ウチの小学校は、子ども1人につき1回は委員をしなければなりません。第1子が小学4年になり、そろそろやるかと、広報部を拝命いたしました。

いざやってみると、部長の裁量で昼の集まりは最低限に抑えられており、思ったより大変ではありませんでした。そして、ママ友作りが怖くて逃げ回ってた私ですが、知り合いママが一気に増え、子育てや仕事との両立の悩みを話したり…とにかく楽しくて。聞くと見るとでは大違い、自分でやってから文句言わなきゃダメだと思いました。

その後、他の専門部部長やPTA副会長もやりました。フルタイム勤務なのによくできますねと言われますが、有給休暇を取りやすい職場、自分の裁量で進められる仕事、有給休暇を取り尽くして欠勤になって給料減っても許される環境だったからできたと思います。

PTAをやってみて、自分の知らないところでのいろいろな活動(学校祭りの運営、運動会保護者競技の運営や会場の見回り、地域パトロール当番の割り振り等々)をPTAで行っていることを知りました。それまで当たり前のように行っていることが、ボランティアに支えられていた。私は恥ずかしながら、そこで初めて感謝しました。

そして、小学校の先生、とくに教務主任、教頭、校長が激務であること。担任の先生の学級運営の大変さを目の当たりにしました。お金を払ってPTA活動を外注するとしたら、いくらになるのかな。先生に頼むことはできないですね。すでにパンクしてますから。

町内会も同じ。人間同士の横のつながりは、勝手にできるものではありません。いい人もいるけど、イヤな人ももちろんいます。でも、いざというとき誰も頼れなくて良いのでしょうか。自分一人ならまだしも、子どももいます。

いざというときなんて中々起きないと、思われるかもしれません。私の住む街では、数年前突然一日断水しました。浄水場の上流で誤って工場廃水に毒物が混じっていたためです。その時は、ご近所で井戸があるお宅が近隣の家々に井戸を自由に使ってと、声をかけてくれました。とても助かりました。

もちろん、こちらもしていただくばかりではありません。足の不自由なご老人のゴミを、ついでに持って行ったりもします。そんな大人たちの姿を、子どもたちもしっかり見ています。外出中、子どもが電車の中などで、ご年配の方に優しく接した時は親の私も驚きました。

PTAや町内会に、全く問題が無いとは思いません。世の中で語られている酷い話も、実際にあったと思います。問題点がありつつも、無くして良いものだとは私は思いません。

子どもを支配しないということ

私の子育ては、「内田春菊イズム」に貫かれています。一言でいうなら「子どもを支配しない」こと。親の思いを押し付けるより、子どもの意思を尊重してやっていく感じです。

 

あと、お母さん手作りの美味しいものを子どもに食べさせるのもポイント。食育が目的と言うより、コミュニケーションツールとしての食事ですよね。食事中はコミュニケーションタイムなので、子どもたちみんなお話やケンカを楽しんでおります。

 

ただ、子どもの意思を尊重するということは、どこまで怠惰な時間も共有できるかということでもあります。人間は休憩も挟まないとやっていけないので、子どもが休憩しているのを「休憩」と受け入れられるか、それとも「サボっている」と思うのか。具体的に言えば、宿題をほっぽって遊びに興じるわが子をどこまで許せるかということです。

 

今年の次男(小学校高学年)の担任の先生は非常に生真面目で、宿題をやってこない子をいつまでも叱咤激励しながら待っていてくれます。さすがに親としても申し訳ないので、私も次男を宿題に駆り立てます。次男も宿題やらないわけではないのですが、何事においてもスローリーな子なので、頑張っても宿題全量を終わらせるのは一苦労です。(標準的な子どもの3倍くらいの時間は要している感じ)

 

そもそも、私は自分が不本意ながら親に早く早くと急かされて育ったことで、「急がされる」という行為に非常に嫌悪感を持っています。だから、我が子を急かしたこともない。よってスローリーな子になるのも必然かと思います。

 

そんなわが子の中でも、特に次男は何においてもスローリー。先日林間学校に行ってきましたが、班行動から遅れるためみんなと一緒に写真に納まっていることが少なかったと、本人が言っておりました。

集団生活は、皆と歩調を合わせることが求められます。スローリーな子は、学校生活を営むことが難しいです。私自身スローリーだったので、通知表に「協調性無し」と書かれたことがあります。協調性が無いんじゃない、みんなについていくスピードがないのです。

 

そんなわけで、学校生活が大変そうな次男くん。でも、それでいいよと私は思います。そのうち体力がつけば、みんなとスピードが合ってきます。私は中学2年生くらいのころから周りと合わせられるようになってきました。

 

そういえば、内田春菊さんのお子さん方も、校則が自由な私立のエスカレータ式小中高校に通っていましたが、それでも学校に通えなくなっていたことがしばしばありました。子どもを支配しないということはそういうことであり、親も覚悟が必要なのだなあと取り留めもなく思ったのでした。

自分にも かわいいところが あったんだ

この週末、小学校のPTA本部役員を2年間つとめたご褒美に、市のPTA小中学校連合会の総会にて表彰状をいただきました。私の学校から表彰されるPTAは4名で、私が代表して表彰状をいただいたのですが、名前を呼ばれるまで尋常ではない緊張に襲われました。仕事や役員仕事等で人前に出て話をすることは全然緊張しないのに、なぜなんだーと軽くパニックに。

 

昨日はその原因を考えていたのですが、どうやら能動的に人前に出る場合は緊張しないのですが、受動的に人前に出ると緊張するという答えに行きつきました。目的をもって人前に出て話をする場合は、しなければならないことで頭がいっぱいなので緊張している暇が無い。人に呼ばれて人前に出る場合、することが無いので緊張してしまう。つまり、自分は基本的にはあがり症みたいです。

 

年とって図々しくなってもう怖いものなしだなー、立派なおばちゃんだなーと思っていましたが、意外に可愛いところがまだあったのねと、自分で自分を再発見したのでした。

月を見上げて

私は昔から子どもたちと星空を見上げるのが好きです。

半月や三日月の日は「月、キミが食べちゃったんじゃないの?」なんて子どもをからかうと、たいていは「そうだよ~、ケチャップかけて食べちゃった~♡」なんてかわいい返事が返ってくるものです。

 

この間の半月の日、末娘に同じように「食べちゃったの?」と聞くと、彼女の答えは私の予想を大きく超えたものでした。

「あのね、あの月は扉になっていて、中に入るとあま~いものがたくさんあるお部屋なの。だから、たくさ~ん食べたんだよ!」

扉。月が扉。なんて素敵な発想なんでしょう。それで、何食べたの?

「んとね、ペロペロキャンディーとね、クッキーとね、チョコレートとね、から揚げとね、カレーライス!」

から揚げとカレーライスはおやつに入りませんよ(笑)

宿題が終わらない

小学生の我が子3号、夏休みに続いて冬休みも宿題終わりませんでした。でも、親の私が言うのもなんだけど宿題多すぎだよー。これじゃ全然羽のばせないし。中学生の我が子2号も、宿題ちょっと残っているらしい。高校生の我が子1号は初めて宿題終わらせて、ものすごいドヤ顔でした。エライ。どんどんドヤしてください。

今年の抱負

昨年は大殺界にも関わらず、縦横無尽に働きすぎました。今年(今年度)は大人しくしようと思います。まずは、家の中を片づけて人を呼べる家に。そしていずれは、人を泊められる家を目指そうと思います。

着ていく服が見つからない/曽根愛著

 アラサー女子である作者が、何着たらよいのか分からず悩み、いろいろやってみるコミックエッセイ。40過ぎの私にも共感できるところ多々あって面白かったです。キャリア系でもなくギャル系でもモテ系でもなく、さりとてナチュラル系(ワンマイルウェア的な)でもなく、それでいてキチンとした服装って、なかなか無いのですよ。求めている人は多いと思うのですが。

10代そこそこの長女もちょうど今、子ども服を卒業したものの大人の服ではちょっと変、という時期なので、この本を読んで共感したようです。さりげなく、それでいてキチンとというのは、影の努力が必要なんだと思うのですけどね…それを面倒くさがる自分が一番ダメですね(-_-;)